OLTAのファクタリングは簡単査定!査定後の申込みの流れや評判は?

創業2年で100億円突破!OLTAのクラウドファクタリング

2017年にスタートしたばかりですが、すでに100億円以上の申込みを受けて今注目を集めているファクタリングがOLTA(オルタ)のクラウドファクタリングです。

ファクタリングの特徴と言えば、「手数料が高い」「来店して面談が必要」といったデメリットがありましたが、OLTAのクラウドファクタリングはAIの機械学習を使った与信審査によって、2.0%~の低い手数料と来店不要のファクタリングを実現しているのが特徴です。

OLTAのクラウドファクタリングの基本情報

手数料 2%~9%
入金スピード 最短24時間以内
取引き可能額 下限も上限もなし
ファクタリング形態 2社間のみ
対応エリア データ
全国 データ
営業時間 オンライン24時間受付
運営会社 OLTA株式会社
所在地 東京都港区南青山一丁目15番41号QCcube南青山115ビル 3階
設立 2017年4月14日
資本金 23億4366万円

OLTAのかんたん査定で手数料を計算

OLTAのクラウドファクタリングの手数料は2%~9%に設定されていますが、申込みをする前に手数料の計算ができる「請求書のかんたん査定」が公式サイトで利用できます。

実際の申込みとなると、詳細な入力項目が待ち構えているのでまずはこちらを利用しましょう。

>>>請求書のかんたん査定で手数料を調べる

通常ファクタリングの手数料は、「かんたん査定」と言ってもある程度の情報を入力してから送信をして、結果を待つのが普通ですがWEB上でこれだけ明確に手数料を提示してくれるファクタリング会社はなかなかないのでありがたいですね。

かんたん査定では、手数料だけではなく想定審査通過率もわかります。
デフォルトでは、手数料は2%~9%、想定審査通過率は50%に設定されています。

選択項目は4つあって、全てにチェックが入ると想定審査通過率は80%、手数料は2%~5%となって後は実際の審査で判断されることになります。

質問項目を見ると、リピーターや売掛先企業の信用力が高い、オンラインサービスの利用などのポイントが優遇されることがわかりますね。

かんたん査定から実際の申込みまでの流れ

かんたん査定である程度の手数料や審査通過率を調べて、問題ないようであれば実際にOLTAのクラウドファクタリングに申込みをしてみましょう。

資金調達までの流れは以下の通り。

①無料登録
②アカウントの新規作成
③ユーザー情報の登録
④本人確認
⑤初期審査(初めて利用する場合のみ)
⑥請求書買取りの申込み(本申込み)
⑦電話でのヒアリング
⑧審査通過後入金

申込みの流れに関しては、そこまで難しいものはありませんが、⑤初期審査では回答項目がかなり多かったり、⑥請求書の買取りでは法人名義の全ての口座の直近7か月分の入出金明細が必要になるなど、オンライン完結だけあって入力項目や提出書類は一般的なファクタリングと比較すると多いように感じます。

審査は、必要書類が全て提出された後に開始され1営業日以内に審査結果が届きます。
つまり審査に通れば即日での資金調達も可能になります。

必要書類に不備があると、メールで連絡が来てから再提出となって確認後に審査開始となるので場合によっては即日での資金調達ができない可能性があるので、早い審査を希望する方は入力項目や必要書類の確認はしっかりしておいたほうがいいでしょう。

OLTAのクラウドファクタリングの評判

それでは、OLTAのクラウドファクタリングのネット上での評判をメリット・デメリットに分けて紹介していきましょう。

メリット

・手数料が安い
・来店不要
・オンラインで解決するので入金までのスピードが速い
・取扱金額に下限も上限もなく少額債権の買取りにも対応
・譲渡禁止特約付債権でも買取可能

デメリット

・審査が厳しい
・初期審査の入力項目が多い
・銀行口座が多いと全ての口座を提出しないといけないので手間がかかる
・パソコンに不慣れな個人事業主だと書類提出に時間がかかるかも

OLTAのクラウドファクタリングのまとめ

以上が、OLTAのクラウドファクタリングの査定~申込み~審査の流れになります。

2社間ファクタリングは、ファクタリング会社のリスクが高い分、手数料が高くなる傾向がありますが、OLTAのクラウドファクタリングの場合は、手数料が安い分、請求書の査定や申込みの審査が厳しいといった印象です。

しかし、これは当然のことで手数料が安くて審査が甘い2社間ファクタリングを行う会社は存在しません

また、初めてOLTAに申込みをする際は必要書類などの準備が多く大変な印象ですが、初期審査を通過すれば以降は必要なくなるのでよりスピーディーな資金調達が可能になるでしょう。

そういった意味では、支払いサイクルが長くファクタリングの需要が高い業種に業種におすすめのファクタリング会社と言えます。

審査の厳しいOLTAですが、書類の準備や提出に不備がなければ24時間以内の審査結果回答が可能なので他のファクタリング会社の申込みと同時進行で利用したいファクタリング会社です。

そうすれば、審査落ちのタイムロスがなくスムーズな資金調達が行えるでしょう。

ファクタリングは手数料や審査基準が各社違うので、複数社に同時申込みをして審査を受けて手数料などを比較して判断するのが普通なので同時並行で審査を受けても問題ありません。